さいたママのロボットの雑記ブログ

さいたま市在住小学生の母がロボットについて書きます

さいたま市内の工場にもロボット導入で人手不足を補える

日本で高齢化、人口減少が深刻な社会問題で、労働者不足で悩むさいたま市内の中小企業が多いです。

 

そして多様な製造工程の製造業はその分多くの作業者が必要で、人手不足問題視されています。

 

そして、これに陥ればひとりがする作業量が増えて作業者が過酷な労働を強いられ、その結果少ない人数の労働は生産量など低下引き起こしたりします。

 

そして、こうした製造業の労働者不足で起きる問題を解決する方法として注目されてるのは産業用ロボットです。

 

ロボットを導入して作業工程、人間の動き見直されて洗練した業務環境整えられた工場があり、ロボット導入で不安定な品質、生産性改善されて外部の信頼得られた例も。

 

そして、一方でデメリットもあり、ロボット自体価格高い、大きなスペース必要なこと。安全のため人と分離した場所でしか利用できないなど。

 

そしてロボットへの業務ティーチング、故障した時の対応など専門技術者出なくてはできなくて、技術者を自社で育成するか外部委託する必要が出てきます。

 

そして産業用ロボをティーチペンダントジョブリモコンみたいなので操作して、その位置記憶させる作業者をティーチングマンといいます。

 

これをしてロボットにプログラム作成され、プログラム再生してロボット動かせるようになります。

 

ロボットでさいたま市内の工場の人手不足がが解消するといいですね。

介護分野で期待されているロボット。こんなロボいたらいいな。

ロボットは人と異なり1機種から

引き出せる機能は限られています。

 

マルチタスクができる人と異なって

ロボットの機能は限定的で局所的。

 

そして、単にツールとして活用してる限り、

メリットはどうしても限られてきて

マイナス面ばかり目に愛ってしまうこともあります。

 

そして、介護ロボットを使うメリットは、

見守り支援機器の使用で夜間見守り負担が抑えられて、

移動支援機器をつあっていくことです。

 

高齢者の行動範囲が広がってくるなどがあり、

介護ロボをツールとしえ活用してみれば

目的達成できるでしょう。

 

当然だれかどう使うかにより

引き出せる機能は異なるのですが、

腰への負担軽減や行動範囲の広がりなど

まさにロボット活用から得られるメリットで

本来の活用目的なのです。

 

そして、ロボ購入は大きな経済負担が生まれて、

せっかくロボ導入なら可能な限り有効活用してみたいもの。

 

よく見られるのは大宮駅ホームでロボットを

広告活用してみる方法ですが、

上手な施設なロボットを施設内で活用してること

積極的に情報発信してます。

 

そして利用者の採用はもちろん

職員募集荷物開けて、

ちかい将来ロボットが広く普及してくれば

珍しさなくなって効果半減しますが、

現段階でまだrobotを宣伝でうまく使うことができます。

 

介護の現場にロボットがいてくれたら助かる

近年人工知能の発達が進み、未来に大きな影響を与え、

労働環境も大きく変わるとまで言われています。

 

人工知能が普及することで世の中の様々なところで自動化が進み、

人間の仕事が取って代わられるという可能性がある反面、

とても役立つ可能性があります。

 

私が特に、こんな高性能なロボットが存在したら

楽になり世の中に大きく貢献するだろうと思うことが、

介護現場での高性能ロボット。

 

現代において、高齢化がどんどん進むなか介護現場での人手不足、

介護を必要とする人間に対しての職員の問題、数え切ればキリがありません。

 

その問題の多くは労働に見合わないと言われる給料面や、

現場での厳しさ、大変さ、難しさ、多くあると思います。

 

しかしそこに、高性能ロボットが導入されると

介護の労働現場も大きく変わると思います。

 

介護を必要とする人を抱え、移動さすことも

今までなら職員二人掛かりで行うところを

 

ロボットの力で、介護者に対し、負担が少なくロボット一体で行えるようにし、

人間の感情的なところも無くしロボットを使うことで、

より確実に安全に作業を行えるのではないでしょうか?

 

大量に現場に人間を滞在させなくても、

ロボット一体で介護者に変化や問題が起きていないかを見ててもらい、

 

万が一なにかありロボットではできない複雑な業務に関しては

人間が対応できるようにと、

最低人数を現場に滞在さしておくといいのではないでしょうか?

 

ロボットの力を借りたシステムを作りだすことができたら人件費の削減や、

介護職の労働への不満の解消にもつながるのではないでしょうか?

 

私は、ロボットを福祉の現場に導入し

人間が苦労して何人もかけて行っている業務を

ロボットの力に任せることができたら

福祉の現場の負担も、職員が起こす悲しいニュースも

減るのではないかと思います。

 

今後のロボットの進化に期待しています!

さいたま市の福祉課の人にももっとロボットに着目してもしいです。

ロボットを導入すると文系の仕事が減少するって本当?

ロボットというのは人の代わりをしてくれるもので、

それによっていろいろな会社における

人員を削減できるメリットを持っています。

 

それによって会社は人件費を削減できるわけですが、

働く人にとっては雇用が減少するということで

デメリットにも感じるはずです。

 

ただ、ロボットが登場することにより、

従来存在しなかった雇用が生まれる

という可能性も指摘されています。

 

メリットだよね!

 

ロボットそれ自体を作る仕事などはその代表で、

確かにロボットの登場により

従来存在しなかった雇用が

新たに生まれるということは言えるでしょう。

 

さいたま市でも子どものロボットの作り方やプログラミングを学ぶ習い事

はやっています。

 

しかし、その新たに登場した雇用は主に

理系のための雇用であると言えるのです。

 

ロボットを作る仕事を例にすれば分かりやすいですけど、

こういった仕事は文系はまず就けないでしょう。

 

ロボットの登場により、

新たにできる仕事の中に文系がかかわることが

できるものが全くないとは言えませんが、

ロボットの登場により減少する文系の仕事の方が、

新たに生まれる文系の仕事よりも多いのではないか?

と思われます。

 

人員削減がかなり進むはずなので、

結果的に文系の人が職に就ける範囲は限られ、

文系の雇用に関してはロボットが普及するにつれて

減少すると考えるのが自然ではないか?

と思うのです。

10年後は職場に協働ロボットが増加するかもしれません

最近導入ハードル低いロボとして業界から注目されてるのは協働ロボット。

 

2年に1回開催される世界最大規模のロボットビジネスショーの国際ロボット店で多くの企業から出展されて注目されました。

 

そして今までの産業ロボと異なって協働ロボットは価格お手頃で、固定設置必要がなくて、移動可能であり、柔軟に運用可能で凡庸性高いといった特徴を持ちます。

 

そしてこれはレンタルできたりして、川崎重工業は東京センチュリーと連携してロボットレンタルサービスをしてます。

 

そして協働ロボは経済産業省で導入支援の制度も用意されていて、さいたま市では中小企業は大手より補助率が高く制度利用を検討してみてください。

 

そして、ロボット導入視野入れてる方に導入前準備すべきことですが、ロボ導入に向け多角的意見で議論するのに広い分野のメンバーでチームを作り、作業員の意見聞いて、チームで作業工程上の問題明確化します。

 

そしてロボを導入にはスペースが必要で、ほかの工程に影響出さないかなど作業場の設計条件、気かが正常に動作するのに問題ないかなどもチェックしてください。

 

そして、ロボの具体的作業内容、設置場所決まればロボ選定して費用見積もります。参考にしましょう。

 

さいたま市浦和の40代会社員

ロボットが介護業界と高齢社会を救う

人手不足が深刻化刷る日本経済、

その中でも介護業界は深刻な人手不足に悩まされています。

 

介護業界の人手不足の原因は、

安い賃金に対して労働の内容と責任がハードなことだと言われています。

 

他の業界に対して離職率が圧倒的に高く、

職場環境の改善は急務だと言えます。

 

外国人労働者を受け入れて介護業界で

活躍してもらうための政策を政府は進めていますが、

私は外国人労働者だけでは介護業界を担っていけないと考えます。

 

言語の問題があるからです。

 

高齢者に寄り添う必要のある介護という仕事、

微妙なニュアンスまで汲み取れないと

サービスを行き届けられないことでしょう。

 

外国人労働者にそこまで高度な日本語能力を求めるのは厳しいと考えています。

介護業界を救うのは、外国人労働者ではなくロボットやAIだと私は考えます。

 

介護では何十kgもある人を寝かせたり起こしたりするのですから、かなりの体力を消耗します。 腰など身体を痛めて辞めていく人が絶えません。

 

そこで介護ロボットが活躍する余地があります。 ロボットが入浴や排泄の補助をしてくれれば、身体的な負担はかなり軽減されます。

 

また、利用者の方にセンサーをつけるなどしてデータを集め、それをAIで分析。

 データを活用することで、利用者の方の体調の急変を事前に察知することもできるようになるでしょう。

 

このように、介護業界ではロボットやAIが大活躍できる分野が沢山あります。 介護士さんの負担も軽減され、業界への定着率もアップすることでしょう。 

 

さいたま市の介護業界、高齢社会だけでなく日本の未来を救うのはロボットだと私は考えます。

 

さいたま市大宮区在住の主婦

11歳の息子はスマイルテックに通学中。学費が安かった

うちの小学生のプログラミング教室の体験について。

子供の年齢は11歳、性別は男の子、埼玉県在住です。

⇒さいたま市のロボットプログラミング教室(ロボえもん)

 

なぜプログラミング教室に通わせようと思ったかなんですが、

最近こういうスクールが増えてきたように思いましたんで

プログラミングを学ぶとどういったことで有利になるのか、具体的にわかるようになるかと思いました。

 

今あまり必要性を感じていなくてもやっとけばよかったとか後悔しては

もったいないかと思いましたから。

 

 

スマイルテック(SMILETECH)を選んだ理由

月謝が一番安かったからです(月謝5000円)。

 

 

それから、先生方が以前も何らかの教職についておられた

ということから安心感がありました。

 

授業内容についてなんですが、体験ではマインクラフトを使われており、

授業ではScratch(スクラッチ)というものを使っておられます。

 

クラッチがどういう感じのものかはいまいちわかりません。

 

といいますのも親は普段の授業を見学することはできないからです。

 

体験会だけ拝見させていただきました。

 

将来的に一度くらいは本当の授業も見てみたいという気持ちはあります。

 

効果のほどについてなんですが、

パソコンなど今まで家で触らなかったんですが、

いつも触るようになったのが変化した点なんではないかと思っています。

 

少なくともアレルギー症状のように嫌いではなく、

身近なものに感じてもらえたのなら

それはそれで良かったんではないかと思っています。

 

現在も通っていますが、塾にも通わせないといけませんから

しばらくやめる形でお休みをさせて頂きまして、
また次の学年になったら少し始めるかもしれませんと

お伝えをしております。

 

子供をプログラミング教室に通わせようか

迷っている方へのアドバイスなんですが、

何でもやってみればいいんではないかと思います 。

 

特にいつから始めなければならない、

いつまでしなければならないなどの決まりもありませんし、

子供が何を好きになるかは親にはわかりません。

 

ですから何かのきっかけになるかもしれませんし

ちょっとでも興味を持つようでしたら

始めさせてあげてもいいのではと思いますね。

 

実は私たちの家には最初パソコンもありませんでして、

こちらのパソコン教室からお借りしていたくらい

何も知りませんでした。

 

今はパソコンはパソコンは簡単なものを購入しましたが、

何かを始めるとそれに関連したものなどからも

回りの人間も学ぶことがありますからいいことだと思います。

 

さいたま市のロボット教室プログラミング教室★ロボえもん